<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Lars Danielsson ラース・ダニエルソン | main | ハシケン×江藤有希『contrail』 >>

御礼!アグスティン・ペレイラ・ルセーナ front act 中島ノブユキ 岡山公演

アグスティン・ペレイラ・ルセーナ×中島ノブユキ 岡山公演にご来場いただいたみなさま! 本当にありがとうございました!! この素晴らしいライヴを行うことができましたこと、こころから感謝いたします!! まずフロントアクトをつとめていただいた中島ノブユキさん! どこか凛とした、それでいてセツナイ中島さんの美しいピアノの調べ... この初春の夜のはじまりの空気にぴったりだったのではないでしょうか。 そして短い曲でまとめた完結なセットがとても潔い。 素敵でした中島さん! そしてアグスティン登場。 陽だまりのなかのグルーヴ。 彼の演奏を聴いていてなんだかそんな言葉が頭にうかんできました。 ジョアン・ジルベルトの来日公演のときもそうだったのですが、 ボサノヴァってグルーヴ・ミュージックなのだということを改めて体で感じることができました。 でも、決してそれは押し付けがましいことはなく、だんだんと、ゆっくりと、 やわらかな陽の光をあびるように、そのグルーヴのなかにココロとカラダをゆだねていく感じ。 そして曲が重なるにつれ、お客さんの拍手の「質」があきらかに変わっていきました。 あのすばらしい演奏に応える、みなさんの一体感といったら!! きっとアグスティンのグルーヴと一体となっていったのではないでしょうか。 またヨーロッパ滞在時に「この曲をやれば仕事がもらえた」というアグスティンのアイドル、 バーデン・パウエルの名曲「ビリンバウ」。これがまたすごい演奏! ギター弦をあんなにつかうなんてはじめてみました!もう音響系です(笑)! そして後半、中島さんとのデュオが実現!! これがまた本当にすばらしい演奏でした。 ジョビンの曲を中島さんのタメの効いたソロにアグスティンのギターが入るあの瞬間! 当日音あわせしただけだというのに、いや〜絶妙!流石です! しかしいつものことながら会場のお客さんがほんとに素晴らしい!! 岡山の偉大なDJとのセッション(笑)は、もうスペシャルなハプニング! 名曲"Hace Pocos Anos"をDJとギターではなくってエア(くち)・サックスにアグスティンが伴奏するという、 "Chega de Saudade (想いあふれて)"な心温まる瞬間! これはもう岡山では伝説ですね(笑)。 心技一体。会場ではまれにみぬスタンディングオベーションの中、なんどもアンコールに応え ギターを愛おしく抱きかかえながら、みなさんに挨拶するアグスティンの姿には、心打たれるものがありました。 アグスティン、中島さん、サウダーヂのスタッフ、宣伝にご協力いただいたお店の方々、 そしてなによりもご来場いただいたみなさま!! 本当に素敵な時間をありがとうございました!! そして最後に個人の力で日本にアグスティンを招聘されたお二人には、本当に頭がさがります! その情熱と人間力で、アグスティン初の日本公演、ならびにこんなにすばらしい岡山公演を実現できたこと、本当に感謝に絶えません。ありがとうございました!!  あ、そうリハーサルを聴いて目頭が熱くなったのははじめてです... いまだ本公演の余韻にひたりつつ...
blancocielo * 主催イベント * 04:35 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ