<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< DIEGO EL CIGALA / Vuelve El Flamenco-Homenaje A Paco De Lucia | main | 平井真美子 Piano Diary Tour 2014 - autumn - 岡山公演 >>

藤本一馬 & 伊藤志宏 Kazuma Fujimoto & Shikou Ito / "Wavenir"

姫路は的形にあるカフェhummock cafeがレーベル「hummock label」を立ち上げた。ちいさなヨット・ハーバーがある海沿いのそのカフェは、中村夫婦が営む素敵な空間と素敵な食事を届けてくれる素敵な場所だ。

僕が彼らに出会ったのはカルロス・アギーレが初来日した2010年の秋。岡山と姫路、まだ知る人ぞ知る地球の裏側の音楽家を、自分の街に呼びたいだなんて思っているひとがこんなに近くにいることにまず驚いた。そして姫路公演当日、彼らのアギーレへの想いと音楽への情熱、そして真似のできないそのホスピタリティに、ほんとに脱帽したものだった。

「音楽は人と人との出会いの可能性を広げてくれるもの」アギーレが残したこの言葉どおり、それ以来ぼくらは音楽をとおして何度かミュージシャンのツアーを共有し、岡山〜姫路を行き来し、東京でばったりあったりしている。

昨年暮、岡山でふたりからレーベルをたちあげることをきいた。そして思った。
大変だなんてお互い分かりきってるけれど、それを上まわるふたりの音楽への熱い思いは、きっとすばらしい作品を届けてくれるに違いないと。

彼らが自身のレーベルに最初に招いた音楽家は、ギタリスト 藤本一馬とピアニスト 伊藤志宏。藤本は「my native land」そして志宏は「タペストリア」と今年すばらしい作品を発表したばかりの注目の日本の音楽家だ。岡山公演でのライヴやサポートなどで、少なからず縁のあるふたりの僕の印象は、音楽への並々ならぬ情熱だ。

この4人の情熱が生み出した結晶"Wavnir"は、ジャケット写真の的形の海の水面のように、穏やかにそしてきらきらと輝いている。
藤本と志宏、お互いの持ち味を生かしつつ、お互い作品とはまた違ったこの質感は、
hummock label第一弾にして「的形サウンド」といっていいのかもしれない。

hummock label。的形からの船出。おめでとう。
そして素敵な美しい音楽をありがとう。


hummock label hp: http://hummocklabel.blogspot.jp/


 
岡山公演
Kazuma Fujimoto & Shikou Ito Duo “Wavenir” Release Tour 2014
in Okayama 

出演 : 藤本一馬(gt.)、伊藤志宏(pf.) 

10 / 13(月・祝)
・時間 : 19:000開場 / 19:30開演
・会場 : 岡山・城下公会堂  ▶ 岡山県岡山市北区天神町10-16 城下ビル1F
・料金 : 予約 3500円 / 当日4000円 (※ 共に 1 ドリンク別途/全席自由)
・予約 : 城下公会堂 電話 ▶ 086-234-5260 
 メール ▶ info@saudade-ent.com または moderadomusic@gmail.com
「日にち・公演名・お名前・人数・電話番号」の5項目をお伝えださいませ。 城下公会堂 HPのご確認お願いいたします。

blancocielo * 音楽:日本 * 05:10 * - * - * - -
このページの先頭へ